ブログ ブログ

24日 平家物語とクリスタルボウルの意外な関係性

NPO法人 原典「平家物語」を聴く会様から
ご連絡を頂いたのは最近のことです

平家物語と言えば、冒頭の「祇園精舎」では

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり」とはじまっています

それがなんと、

NPO法人 原典「平家物語」を聴く会 代表 橘幸治郎様によると

「「祇園精舎の鐘の声」は諸説ありますが「無常堂」の四隅にある水晶の板が

触れ合う音だとされています。「無常堂」で死を間近にしたお坊様が、

この音で静かに穏やかに浄土に導かれるというのが「諸行無常の鐘の声」と

言われています」

驚きです!あの有名な「祇園精舎の鐘の声」が水晶だったとは!!

そこで、お声が掛かった次第です^^

橘代表がそのお話をたっぷりされて

私がクリスタルボウルの生演奏をします

私自身も平家物語にお詳しい橘代表のお話を聞かせて
頂けることがとても楽しみです

どなたでもご参加頂けます 飛び入り参加も歓迎です

日時
2017年2月24日(金)

1回目
14時半~16時半

2回目
18時半~20時半

2公演共にクリスタルボウル演奏をします

会場は 西麻布の交差点すぐです

西麻布フラットハウス

東京都港区西麻布3-21-15

参加費 3千円(お茶とお菓子付)

イベント詳細↓↓
http://www.heikemonogatari.jp/event/

お申込み・お問合せ先

NPO法人 原典「平家物語」を聴く会 事務局

お問い合わせフォーム
http://www.heikemonogatari.jp/contact/

もしくはお電話でお願いします。

TEL 03-6673-3863 (受付時間:平日10:00~17:00/土日祝除)

※お申込みの際、氏名・ご希望の部・人数・電話番号 をお願い致します。

「平家物語」は、およそ800年前、古代から中世、
公家から武士に政権が移るその動乱期を描いた歴史物語であり、
その社会の変革期を懸命に生きた人間の姿を壮大なスケールで描いたドラマです。
厳しい運命に翻弄されながらも、愛に殉じ、雄々しく闘い、
そして身を処していった源平の武者たちをはじめとする人間群像は、
当時、琵琶法師の語りにより物語を享受した人々にとって、
それは近しい体験や戒めであり、そして救い、癒しでした。
その感動の深さや幅の広さはその後、
能に始まり狂言・浄瑠璃・歌舞伎・新劇・舞踊などの舞台芸術や
文学・音楽・美術等多岐にわたり影響を及ぼすこととなり、
日本人の心に深く浸透してきました。
今日の急激な世の流れに不安と焦燥を抱きつつ、
私たちは、きっと「平家物語」に何かを感じ、
そして戒められ、癒されるに違いありません。(橘代表の言葉より抜粋)

 

2017年02月24日


Ameba