ブログ ブログ

クリスタルボウル と周波数

 

 

 

 

 

昨日は音について記しました

音とは物体の響きや話し声といった「振動」が
空気などの媒体を伝わって伝播していくもので

「音」は「振動(=ゆれ)」とお話ししました

音を表す単位はヘルツ(Hz)と言います

昨日のブログです
https://ameblo.jp/crystalbowl/entry-12402988031.html

音は振動(波)なので自然界には
1Hz〜数百万Hzまで存在します

私たち人間は20Hz〜2万Hzまでの限られた帯域の振動しか
「音」として感じ取ることができません(可聴域)

しかし聞こえない可聴域外の音も人に影響があります
(聞き取れない音、つまり人に聞こえないほど高い音、低い音)

人の耳に聞こえないほど低い音を「超低周波音」

人の耳に聞こえないほど高い音を「超音波」と言います

低い音『超低周波音」について

超低周波音は、
音というよりは空気の振動と表現した方がよいかもしれません

低い周波数の音は、空気中を聞こえない音として伝わるほか、
地面などにも振動として伝わっていき、
建物の窓枠や障子などをガタガタと揺さぶるなど、
「低周波騒音」を引き起こす場合があります

超低周波音の発生源は様々で、ボイラーや機械であったり
自然現象である場合もあります

聞こえないので原因が特定しにくいことが多いです

高い音「超音波音」について

イルカの可聴域は高く、2万Hz以上と言われています

イルカは人間の7倍以上も高い音を聞くことができ
超音波を発することで、
餌を探したり仲間とコミュニケーションをとっています

最近では音楽などに含まれる超音波の音が
人間の心を癒す作用を持っているという説もあり

可聴域より高い周波数の音が実際に聞こえている音を
より心地よく感じさせる働きがあることがわかってきています

楽器の周波数は
一般的に トランペットやフルートやバイオリンなどは
人間の可聴域内の20Hz〜2万Hzです

クリスタルボウル は超音波と言われる
可聴域以外の音(揺らぎ)があり、人を癒すのです

近年、超音波が人を癒す作用がある説が出ています

15年間、クリスタルボウル を演奏して

「心地よい」

「よく眠れた」

「スッキリした」などの

お客様の感想をたくさん頂いておりますが

周波数や倍音や素材がクリスタルなど
複合的に作用していると言えます

クリスタルボウル の歴史は始まったばかりです

今後もいろいろな角度でその魅力をお伝えできたらと
思っております

いつもお付き合いくださいましてありがとうございます

本日も素敵な1日をお過ごしくださいませ^^

 

 

『わたしの夢は ・・ 一家に一個クリスタルボウルで世界平和に!!』

・・ 一人ひとりの心の平和が世界を平和にする ・・

 

 


Ameba